I ♡ NISHITA について

みんなふるさとが大好き!いつでも帰ってきたい!そんなふるさとにするために―――
元気なじいちゃんばあちゃん、昔語り、隠れた絶景、おいしいもの、伝統芸能が生き生きと息づいている。
そんな楽しさ満載のウェブサイトを、高校生が作ります!

   

目的

西田町のことを知り、好きになってもらいたい。
そして、大人になっても西田町に関わり続けてほしい。

それがI♡NISHITAプロジェクトの目的です。


西田町では過疎化と少子高齢化が進み、2018年には、5つの小学校と西田中学校が閉校し、小中一貫の西田学園に統合されました。
教育環境はとてもよくなりましたが、6つあった学校が1つになったことで、子ども達が地域を知り、地域への愛着を深める機会が減ってしまいました。

高校や、大学の入学と同時に西田町を出て行くことも多く、お店の後継者がいなくて将来への展望が描けないお店もたくさんあります。

大好きな西田町を、いきいきと幸せを感じながら住み続けることができるふるさとにするために、I♡NISHITAプロジェクトをスタートしました。

活動

ウェブサイトをつくる

このウェブサイトは、見た人が、西田町のことを好きになり、それを残したい・伝えたいと思うような、町の魅力を発信するウェブサイトを目指しています!
アドバイスや、発信してほしいこと、お手伝いしていただけることがあれば、ご連絡ください!

ウェブサイトの制作費用は、クラウドファンディングを利用して集めました。
思っていたよりたくさんの方にご協力いただいてとても驚き、そしてうれしく思いました。
本当にありがとうございました。

イベントの開催

I♡NISHITAでは、ウェブサイトと連動してイベントも開催する予定です。
「西田町のことがもっと分かる!」
「西田町に来るきっかけになる」
「卒業生が集まれる」
そんなさまざまなイベントを企画・運営していきます。

《これからのイベント予定》
・西田町クイズ
・西田町フォトコンテスト
・I LOVE NISHITA指定西田町の文化財募集
・西田町の昔話発掘

こんなイベントをやってほしい、手伝ってみたい、というかたは、ぜひご連絡ください。

 

Special Thanks

I♡NISHITA代表 渡辺千紘


「プロジェクトをスタート、もしくは進めるにあたって、課題になっていることや悩みを記入してください」
2019年6月、郡山市のスモールスタート支援事業の応募用紙にこんな項目がありました。
「どのように仲間づくりをしていったらいいのかわかりません」
と書いた覚えがあります。

そしてこの一年、本当にたくさんの人に関わっていただき、手伝っていただき、教えていただいて、気がつけばいつも誰かが手を差し伸べてくれていました。
心から感謝しています。

スモスタ事務局の岩崎大樹さん
郡山市役所政策開発課の皆さん
伴走してくださったNPO法人アイカラー福島の渡辺泰子さん
西田学園で素敵な写真を撮ってくださった写道家の朔丸さん
「全面的に応援するよ!」と喜んでくださった松﨑昭区長会長
温かいアドバイスをくださった西田町少子化対策委員会の皆さん
マスコットキャラクターの公募にたくさんご協力いただいた西田学園の先生方
コーディネーターとして初めてのクラウドファンディングを成功させてくださった f lifeの小笠原隼人さん
ウェブサイトの制作で大変お世話になったフジデンキの菊地弘尚さん
快くリターンの協力をしてくださった地元の商店のみなさん
クラウドファンディングに支援してくださったたくさんのみなさん
温かい応援メッセージの数々、忘れません。

クラウドファンディングのウェブページに力強い応援メッセージをくださった
品川萬里郡山市長
西田学園 原真児前校長先生
元高野小学校 堀内真人校長先生
郡山商業高校 馬場裕史校長先生
折々の活動を紹介してくださった新聞社のみなさん
顔を合わせると「がんばってるね」「応援するよ」と声をかけてくださった地域のみなさん
本当にありがとうございました。

そして最後に、西田学園の同期生のみんな
「このサポーター用紙に名前書いて」
8月にいきなりサポーターになってもらって
真夏の西田学園の校庭で何度もジャンプしたり
イベントを手伝ってもらったり
クラウドファンディングの準備やリターンの発送を手伝ってもらったり
一緒にラジオ出演してもしてくれて
部活や試験で忙しい中、ほんとうにありがとう。
これからもよろしくお願いします。

SNS

Instagram
Twitter

Facebook